保護者失格。一線を越えた夜の向こう側

「保護者失格。一線を越えた夜」のあらすじをご紹介。幼いころ(8歳の時)に両親を事故で無くしたちづる。そして叔父に引き取られて2人の生活から12年がたった。

20歳に成長したちづる。そんなある日、叔父は仕事帰りに会社の同僚を自宅に招き、仕事の話をすることに。

そこでちづるが2人の為に食事を作って用意をしていたのだ。さらに叔父が資料をまとめに部屋へと戻っていた。

ちづるは同僚から叔父の話を聞かされ、社内でも女子からモテるという話を聞き、ショックをうけるのであった。

さらに、本当の親子のようだと言われたのだが、ちづるはその事を嫌がっていた。そして目の前のビールを一気飲みして気を失ってしまう・・・。

「保護者失格。一線を越えた夜」は、今や大人気の作品です。登場してからあっというまに口コミで広がって行き、TLコミックでの人気もうなぎのぼりです。

内容からしてみれば、血の繋がった叔父に恋をしてしまう姪という設定なんですね。これがまた女性のハートを掴んだわけです。

8歳の頃から叔父と2人で暮らしてきたちづるは、いつしか叔父に対して恋心を抱くようになっていたんです。

そして叔父が同僚を連れてきた日に、叔父の話を聞いて、今まで飲んだことの無かった酒を一気飲みして倒れちゃいます。

その後、叔父から怒られるものの、ますます叔父への気持ちが強くなっていくちずるは気持ちが抑えられなくなっていき、遂に叔父に迫っていく事に♪
借金 相談 広島県